かけっこ得意だったのにな。

ジプレキサは昨年やめられた。

のに、ここへきて体重が増加の一途を辿っている。

「苺の食べ方を見てるとわかるよ。ジプレキサの頃とは違う。

それに何キロになっても君を愛するよ」

大台を越えても愛は頑丈みたいだ。

 

ジプレキサの常用の頃の食べ方は異様だった、と彼は回想する。

「ゴミ箱にこんなに食べたんだ、ハッピーターンを」と

山盛りの空き袋があったよ、と怖そうに今でも言う。

「あの頃に比べると今の食べ方は全然、健全」

「それに朝は洗濯が必要なほど汗をかくでしょう、

脂肪はそこでじゅうぶん燃焼されてるよ」

それならいいんだけど。

 

小さな頃はかけっこが得意だったが、今は転ぶと危険だから

とくに頭を打つのが大ごとになるから「やめておいてね」と彼からお達しがある。

 

ので、今日も公園を歩いて30分の有酸素運動にとどめている。

血管をだいじにするのは「お互いに」固く約束してある。

アラフィフ同士の年相応のお約束ごとだ。

 

今日もラジオ体操の午後を過ごそう。呼吸をととのえて、身体を相応に動かして。