読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苺のダイエット日記。

現在11,7キロ減♡

合う・合わない。

A病院

わたしにはぴったりの処方をしてくれたO先生が

E子ちゃんのになると、まるでダメ、という場合があって

E子ちゃんは基本静かであかるいのに、

O先生時代は荒れ狂っていた。

「薬って怖いね…」わたしも周囲のひとりとしてうなずきあった。

平成初期のことだった。

 

アカシジアの気持ち悪さをほとんど出さないようにしてくれたO先生ですらも

間違うことがあるのだった。

O先生は病棟に来れば患者が群がり、患者に混ざって

おしゃべりの輪に入ってくれた。

貴乃花景子夫人と婚約あるいは結婚、とテレビの相撲中継が

流れておりわたしは思わず「上だな…」とひとりごちたが、

O先生も「そうだな!」と話題に乗っかってくれた。

「い、今のわかりましたか?」

わかるよぉーと言いたげなツラッとした表情のO先生。

振ったこちらが焦りました。

 

まー、お下品。

 

副作用の苦しみをできるだけ抑えた処方にしたよ、と

ある時言われ、その時吸っていたタバコ(今は禁煙に成功しています)が

目に沁みた振りをして泣けました。

あの頃、通院するガッツがなかった。

あの頃の処方を続けていればその後の苦しい戦いはなかったのに。

惜しいことをしました。