苺のダイエット日記。

現在・48,9kg ダイエットは生涯続けます。

服用する薬の影響がまた精神病者っぽさを深めていく、とは。

デイルームで思考途絶になってベンチに横たわっている子がいた。

元があかるい彼女はそれまでに時折「今、話しかけないでもらえる?」と

苦しそうにしていたのを思い出す。服用しているお薬の影響でもあるらしい。

デイルームのテレビが精神的に見づらい、内に入ってこない、

といったこともあるようだ。その感覚は私も入院中に長くあったものだったから

「うん、わかる。その感じをよく知っている」と答えた。

 

副作用の出方は本当にさまざまだ。

目玉がどうしても上にあがってしまう入院仲間も見た。

口が渇きさらにどうしても舌が出て、

口がだらん、と空いてしまう、というかたにも遭遇した。

自分自身では以前に記した、どうしても瞬間的に顔の表情が

異様に崩れてしまうのも経験した。

入院仲間に「気持ち悪いからあっちへ行け」と言われてしまうほどの、だ。

 

病状が良くなれば副作用はそのたびに改善されていくのだろう。

それまでには何年もかかったりする場合もあるだろうし

副作用を受け続けている精神のケアはどうするのだろう。

あれは何というか本当に…心の内が真っ暗になるものだ。

自分自身では灯りがつけられないようなもどかしさが残る。

そしてただただ、悲しい。