笑顔が次の笑顔を呼び込む。

満ち足りた陽光の年末。

だいすきなひとが今日も笑顔で働いている。

彼は言う。

「苺の存在が僕を動かしている」と。

わたしは祈っている。朝にいってらっしゃいと送り出し、

夕に今日も笑顔で再会することを。

思えば今年は数々の偶然と必然でできていた年で、

毎日彼も自宅で睡眠を摂れるシフトになった。

回りまわって高血圧気味の彼の血管を守ることとなった。

グッジョブ。運命グッジョブ。

これしかなかったのだろうな、と考える。

穏やかな年末と年始になりますよう、年明けに切り替わるお薬のこと、

きっともっと素晴らしい明日を連れてきますように。

明日のために笑顔を浮かべる。笑顔が次の笑顔を呼び込む。

その積みかさねで毎日が続きますように。