苺のダイエット日記。

目標・健康長寿!

アカシジアは時間が解決してくれた。

30年はかかったが。

医師の言う「少ない量だから」いんや、少なくとも出るものは出る。

嫌な感じに身体が震え歩きつづけていないと解消しない。

書き文字は左手で書いたようなでっかい文字だった。

初めての退院後、同じ薬を祈るようにのませる母がいた。

違うんだ、違うんだ。

自死を考えた。

 

誰もが左手首の傷を「バカなことをして」という。

だけど17のわたしはどこへもいけなかったんだ。

あの時の自分にささやいてあげたい。

「君はすっごく幸せになるんだよ」って。

苺を食べて名乗って幸せになるんだよって。