苺のダイエット日記。

現在・48,9kg ダイエットは生涯続けます。

運命の裏拳。

はじめての入院は10代の頃。

もちろん「なんでこんな目に!」と憤ること満載だった。

 

住んでいた街に国立の病院があったこと。閉鎖病棟だったこと。

今から思えば天のはからいみたいにちょうどよく存在してたな、と思う。

 

映画「クワイエットルームへようこそ」に出演していた、りょうさん扮する看護婦長の

強面のキャラクターが、そうそうそうそう!こんな看護師さんいたわ!こんな婦長さ

んいたわ!と切ない懐かしいおかしな気持ちになった。今ならわかる…っっ! 入院

中に患者さんすべてを事故から守るため、規則を遵守させるあまりお役所的なコワモ

テさんにどうしてもなっちゃうんだろうな…と。それもその世界で機能していただい

じな役割ではある。家事全般をまったく手伝ってこなかった私が実家以外に初めて放

り出された環境… 職員・患者さんすべてが年上女性だったのでまー何も出来

ないことをいびられまくった四面楚歌入院をほろ苦く回想するな。

 

2回目の入院時には目からウロコが落ちてばかりだった。

そのような環境から晴れやかに退院していく人々のこと。

身の回りを整然と片付け落ち着いた心で巣立っていくかたがた。

「なんでこんな目に!」と当初叫んだ問いには

「スピリチュアルトレーニングだからだよ」運命が裏拳でツッコむのだった。