読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苺のダイエット日記。

49,8kgいい感じ♡目標達成したので52kgを目指します。

折り返し、リバウンドなし。

最近フルーツ入りのグラノーラを食べています。

ヨーグルトに合うのでヨーグルトかけ+お砂糖をかけていただきまーす。

「これは一日に一回にしようよ」と夫が言うので守っています。

二度目に食べようとしたらちょっと厳しめに戒められました。

はい、これでリバウンドなし。我が家のストッパーは優秀です。

 

f:id:hanabiranoumi:20170521084450j:plain

気になる体重は微増。はい、増えていいんです。

60キロさえ越えなければ。

 

足に負担のかかる体重になりさえしなければ、

美容体重ならぬベスト体重になりたいのでした。

何を食べても太らず痩せず、のベスト体重が「健康長寿」ですものね。

これは妹も即レスで賛成♪だそうで、

YES高須クリニックの院長、サイバラせんせのイラスト入りでお返事がきました。

小太りは長生きすると意見が合いました。

 

わたしは大らかな視点で50キロ台なら御の字なんです。

10年前はそんな感じで推移していました(^-^)v

 

その頃NHKニュースで「小太り数値が長寿」という報道を聞き及び

「あーまだ食べれる、嬉しい♪」と思った記憶があります。

姉妹して運動は無理・食で整える感じで減量に取り組む姿勢は似ています。

ヨーグルトお砂糖がけグラノーラを二回目を静止してくれてありがと、夫。

 

 

FROのタルト。

徐々に甘いものもいただくようになりました。

昨日は夫の休日でふたりでカラオケ…の帰りにFROのタルトを買いました。

ごく普通の苺ショートが500円近くしたのには驚きました。

(かんたんなお昼ごはんが食べられそうな値段設定!)

というわけで同居当初から思いいれのあるタルト屋さんを見ようよ、と提案し、

5切れ入りで1200円ほどの華やかなタルトの箱を手にしたわたしたち。

残りのひと切れは苺が食べていいよ、と言った夫。うん、ありがとう。

 

f:id:hanabiranoumi:20170513074716j:plain

 

ごちそうさまでした。ケーキを美々しくいただくのってテクニックが要るわね。あは。

ミルフィーユじゃなくて良かった。そんなこんなで日々は流れていくのでした。

 

生活のうすのろを退治せよ。いい子いい子、と念じてね。

この前のトクホの特茶を飲んだ翌日に体脂肪が1%減っていました。

飲み物としては相性がいいらしいです。

長期的に見て身体にいいかは別にして。

なので毎日特茶ばかりは飲まないことにします。

ペットボトル、でかいし。

 

f:id:hanabiranoumi:20170509090543j:plain

ダイエットは49,5kgを見たのでひと区切り・です。

それにちょうどいいところまで戻したく現在は痩せよう痩せようと

張り切ってはおりません。

52kg台になればいいかなー

10年くらい前はその体重でしたので。

精神薬も調整して服用してました。

「なぜもっと早く言わなかったのですか」医師に突っ込まれ

「あなたがたがわたしのアカシジアを『無いこと』にしたからです」と

答えました。

ロドピンの研究はその頃も開発が進んでいたのでしょう。

単なる飲み合わせの妙か、お薬が七色に配合されたためか

ロドピンジプレキサも悪さをしないできちんと言いつけを守って

「お座り」している従順な子犬たちのようです。

 

A病院は大幅に変わりました。

長期の入院患者はつくらず、速やかに退院させて外界を体験させる方向へ

向かっています。それをとても良いことだと感じます。

 

小泉内閣からここはこういう場所になった」と新聞・ニュースを

独占している小父さんが言いました。

北のトップさんともう少し和やかなコミュニケーションとりたかったな。

今頃、どうしておられるんだろう。

最後に見かけた時にはひきずる足でなく車椅子姿だった。

相変わらずお口はよく回る性格でいらしたっけ。笑えるほどに変わらなかった点。

 

わたしはA病院を退院して2年経つ。

 

今では洗濯物の干し方・取り込み方をほぼ請け負い、朝食の下ごしらえと

夕食の準備等に張り切るまいにち・毎日だ。

これもA病院のアリタ先生の腕のおかげだ。

魑魅魍魎とした意識の妻が、鮮明に戻った姿を見た夫は先生に深い感謝をしただろう。

 

わたしは「生かされている」自分を自覚し今に至る。

生活のうすのろも(時にしくじるドジも)あるにはあるが楽しい日々だ。

 

 

 

トクホのお茶の副作用。

コンビニでプリンと特茶を買ってきました。

甘いものと体脂肪に効くという謳い文句のお茶。

明日の体脂肪計はどんな数値をはじきだすのかな。

興味深いです。

 

f:id:hanabiranoumi:20170430132008j:plain

 

トクホの商品にも副作用がある、と予測変換で出たので気になりました。

毎日は飲まないほうがいいのかも…

長期的に見て、ローカーボダイエットも危険???かもしれないんだよ、と

まだ研究結果が出てないだけで安全かどうかは怪しいらしい。

単純に炭水化物を抜くことでスルスル痩せはしたけれども。

逆に夫が尿酸値が一時的に悪くなって弊害があったなぁ、と。

たんぱく質の摂りすぎで。

わたしのダイエットにつきあわせて痛風なんてことになったら大変!

大の男が泣いてしまうくらい痛いという痛風

現代はお薬があるから安心だけど、できるだけ使わないほうがいい、と再検査して

夫の尿酸値も落ち着いた。いがった、いがった。→東北訛りです。

CMに踊らされないように、賢く行かなくちゃ。

 

逆に増やそうかな、と思う。

写真を撮って気づいた。

頬はこけ、あごは尖り表情は硬い。

もう少しだけ体重を増やしたく感じた。

 

f:id:hanabiranoumi:20170429100421j:plain

 

ちょうどいいところって52キロかな。50キロ台なら御の字だ。

10年前の体重になる。当時は、そのあたりをウロウロしていた。

ウエストは66センチのスカートが入れば大抵のものは着られる。

 

お腹が空いたので「毎日果実」をコーヒーでいただく。

ドライフルーツ入りのパン?それにしちゃ、ぺたんこだ。

クッキー? パッケージには栄養調整食品とあった。

これってやたら歯にくっつくのよね。

玄米ブランが懐かしい。あれは食べでがあった。しっかりお腹もちもするし。

 

キャンドゥで扱わなくなった。玄米ブランの代わりに毎日果実

カムバック!玄米ブラン!

 

タイトルは「太りたい」という表現は避けた。

太りたいのじゃないんだ。多少、増やす程度でいいんだ。

目指すは「健康長寿」なのだから。

 

 

 

 

49,5kgクリアー。目標達成。おめでとう、ありがとう。

あら、出来ちゃった。

この連休で叶っちゃった。

目標体重の49,5kgを下回った今朝でした。

 

事実は淡々と受け止め、これからの活動に力をこめてまいります。

んなん、ただしぼんだだけじゃんよー

なんだあの腹ーと指さされるのがオチ。

 

f:id:hanabiranoumi:20170423094548j:plain

リバウンドが怖いなと思います。

たがが外れて食へ向かわなければいいな、とね。

痩せたご褒美には今まで着れなかった服を自分にプレゼント。

 

着替えもスルスル単独で出来る。それって嬉しい。

今までは夫を頼りにしていたが一人で出来ることが増えてきた。

まず腹肉が邪魔しないので足の爪切りが出来るようになった。

入浴も一人でこなす。一部着替えは介助してもらう。

甘えるところ・助けて欲しいところは、はっきり伝える。

 

40kg台なんて中学生ぶりだから35年ぶりだなぁ。

 

 

頭ん中、お花畑。

推定目標到達日は5月4日でもうそろそろ…

頭ん中いっぱい。花が咲きそう。

f:id:hanabiranoumi:20170423094809j:plain

春ですねー

いい出会い、してますか?

夫と始まったのもこの時期でした♡幸せのスタートラインはここでした。

ダイエットを始めたのは昨年6月。

以来スイスイ減量し辛いことは無かったように思います。

まるで魔法にかけられたかのよう。

もうすぐ、もうすぐ。区切りが来るのは、もうじきです。

ダイエットの記録は続けます。おそらく命の尽きるまで。

 

 

簡単じゃなかった。苦しかった。でもいつかは終わるんだ。

目標値まで、後0,4kg。あとひと息!

冷たい麦茶の季節になって嬉しいです。空腹を麦茶でしのげる性質だから。

するとお手洗いが頻繁になり老廃物も流れ落ち、いい感じです。

運動は???そうですね。ウォーキングへまいりましょうか。

腰回しをしましょうか。カラダの柔軟性を高めましょうか。

出来ることはバラエティにあります。顔晴れー苺!

f:id:hanabiranoumi:20170418110637j:plain

転ばないように、コケたりしないように、ね。

転倒して出来た傷跡がまだ消えない。

もう二年も経っているのに。早く手当てをすれば良かったね。

玄関で倒れて一晩過ごした。身じろぎも出来なかった。

まんじりともせずに朝を迎えた。

布団で寝ている筈の妻が玄関に横たわっているのを見た夫は

さぞかし驚いたことだろう。

わたしは鞭打ちも併発し、夫は会社のほうから「日勤でやってみるか」と薦められ

現在の勤務体制となった。不思議なもので1から10まで夫が献身的に

動かねばならないシーズンがあった。その苦しいまでの多忙もいつかは終わるのだ。

今は「かなり楽になったよ」と当時を振り返る。

わたしは今では洗濯のすべてと夕食の準備が出来るようになった。

こうなるまでに登ったステップの数々。簡単じゃなかった。苦しかった。

でもいつかは終わるんだ。生活と言ううすのろは消える。

「おかげさまで僕らは幸福です」さて0,4キロはどうやって消えるだろう。

 

お痩せさん。ここに居るよ。

わたしはまだダイエットの目標値をクリアしていないけれど、

膝を痛める数値では最早無いし、肉親から見ても「痩せたね」って言われる

体型になれた。母はわからないけれど(『何?その腹?!』と言ったことも

あったが無理もなかろう、相手は70代女性だ)。

 

f:id:hanabiranoumi:20170424082248j:plain

 

母は女性としての嫉妬もあるだろう。

鏡を見ているとイライラしだして「若返りたいなんて!(ずうずうしい)」とまで

言ってたな。本当に分り易いことよ。

 

そういうわたしの語彙には「若返りたい」なんてワードはそもそも無い。

 

実際、若いもの。にこにこにこ。

こう返すから憎まれるんだろうな。憎まれ役も必要さ~

 

今はダイエット中。ほぼ成功してある。だからこだわりを捨てよ。

朗らかに柔らかく居よう。

本日はいい陽気。アウターも要らない都内。

「東京を苺が歩いてるなんて嫌だわ~」と母。

はいはい、はいは1回!

よしもとの茂爺みたいに脳内で返す。

母も恩師も70過ぎて新しいキカイは受け付けない。

回らない寿司屋・タッチパネルでオーダーしてつくりたてのお寿司が

新幹線を模したキカイで出てくる店にそれじゃあ順応できないっしょ。

哀しいね。

 

意識の断捨離。重たい台詞は持たない。ひきずらない。

ダイエットは一生モノ。

いつまでも意識鮮明に元気で「健康長寿」を夫婦で目指します。

実際毎日夫と「幸せだね」って言い合ってます。らぶ♡

 

瞬間最大風速かもしれないので記しておく。49,9kg。

今朝、10数年ぶりに「4」から始まる体重の数値を見ました。

49,9kg。体脂肪計買っておいて良かった。

体重計だったら200g刻みでしか測定できないので。

体脂肪計は100g単位で測定してくれる。良かった。嬉しかった。

 

f:id:hanabiranoumi:20170419145753j:plain

 

夫にすぐ伝えた。「苺は今の体重をそのまま受け入れるんだよ。良かったね」

はい。あるがままを受け入れます。

そしてこの感激を忘れないで食に走らず、記録を続けます。

ダイエットは一生モノ、とグラフ友さんからのコメントをいただき、

本当にその通り!お付き合いは続きます、続けさせていただきます。

 

辛いことってなかった気がするなぁ。

なかなか抜け出せない60kg台・50kg台、節目・節目が印象的でした。

 

今は手持ちのお洋服はほとんど着れるばかりになりました。

まだ入らないスカートがあります。着れないボトムスもあります。

「そうは問屋が卸さない」現実をしっかり見ましょうね。

 

ご褒美はやはり食ではなく、久しぶりに袖を通すお洋服でいいや。

また、狭い試着室に無理くり夫も入って着せてもらう暴挙に出なくて済みます。

これも痩せたおかげ。ひょうたんからこま。