苺のダイエット日記。

40kg台が精神衛生上よろしい。

戻っておいで。わたしの時間。

わたしはごく僅かにしか働いたことはない。バイトもない。

それを人に聞かれても「なかった」としか答えようがない。

ゼロから1円を生み出す経験は皆無だ。

 

そんなわたしでもパート経験ならある。

2週間で壊れたけど。生涯であの入院はとても重いものとなった。

朝・昼・夕・寝る前とすべて11錠ずつ薬が出た。保護室にも入った。

 

現・夫は言う。「働くって決して楽じゃないことばかりだよ。苺にはキツいだろうに

ね」と。人間には向き・不向きがある。

f:id:hanabiranoumi:20180504143711j:plain

わたしは自転車や車に乗れないように仕事に不向きだった、というわけだ。

 

わたしをよく知っている人は「どうして働かないの?」と聞かない。

知らぬ人だけだ。衒い(てらい)もなく聞く人は。

 

とある人はわたしの前の結婚生活を「いいんですか、そんな無菌室で」と

手紙に書き送ってくれた。詩を評価してくれるかただった。

 

戻っておいで。わたしの時間。ゼロから1は生まれない。

「だけど苺には時間のプレゼントが贈れるよ」と現在の夫。

その言葉で雑用が単なる雑用ではなくなった。魔法の言葉だ。

 

わたしが家事を一手に黙々とやれば一人で取り仕切れば、そのぶん夫に思うさま創作活

動の時間を贈れる。時間のおくりもの。プレゼントだ。

 

酷い入院から幾星霜。わたしの現在は二回目の結婚で東京暮らし。町内会もない・回覧

板もない。素直に生きて勝ち得た幸福。「50代がこんなに幸せになるなんて若い頃は思

ってもみなかったよね」と言い合う日々。

 

ダイエットになんら関係ない記述となりました。

精神薬は太りやすいようです。今ならわかります。ふっくらして精神を落ち着かせる方

向へもっていく。間違いじゃありません。あまりに太りすぎて外へ出られなくなるかた

もいらっしゃいますが。わたしもそのクチでした。どうしてこのようなブログを書くか

というと精神薬を常用していてもダイエットは可能だ、ということがわかったから。

セロクエルジプレキサでだいぶ太りましたがそれも経験。負けないで。今日も食欲

と戦う観音崎さんでありました、まる。