苺のダイエット日記。

目標・健康長寿!

ありがとうのうた。

銀色夏生さんのつれづれノートシリーズを読んでいると、

究極の感情の切り替え方でネガティブ脱出法に、

感謝する、「ありがとう」をとなえる、とあった。

お経やマントラのようにである。

結局のところ瞑想とお経のように

人が出来ることは同じなんだろうな、と感想が述べてあった。

銀色さんは「ありがとう」にいい意味での「まる」の言葉を足して

感謝の効果を膨らませていた。

 

わたしはふと「ありがとう」で浮かぶ歌を心のBGMにしてみた。

奥田民生井上陽水のうたう「ありがとう」がぴったりハマった。

脳内リピートでありがとうソングを流し心でありがとうを述べる。

 

もう少し下の世代だったらSMAPの「ありがとう」になるのだろうな。

そこでありがとうソングを検索すると邦楽にいっぱいある。

いきものがかり絢香など若いかたがたは浮かぶのではないだろうか。

ご年配なら水前寺清子だったりするのかもしれない。

山口百恵の引退時の歌でも感謝がテーマの歌詞である。

洋楽好きさんはゴスペルなどやはり愛と感謝のうたが思いつくだろう。

 

感謝の歌を思い浮かべながらありがとうをとなえる。

この方法を思いついたときになんともいえず心が浄化されました。

身体はギシギシで本当に疲れていたのですが根っこのところで元気でした。