苺のダイエット日記。

現在・49,1kg これ以上は減らないと思い始めてる。

雪原と樹氷。

夫=彼はちょっとひねってこんなことを言います。

「苺は今まで愛と感謝で生きてきたような人だ」

そして顔を見合わせ二人で笑います。もう少しで大爆笑、というくらいに。

 

小学3年生の雑誌などの占いの結果を見て

恥ずかしがりや→内気とあったので

恥ずかしがるところ、アタシにもある!あてはまる、と思い、

勝気を絵に描いたようなわたしが、

「わたしって内気ー?」と両親に聞いたものですからどっと笑われました。

 

上記の二つはどちらも大爆笑なんですけれど、

愛があるのは彼のほうです。

彼がひねりたい時は楽しくやりたい時で、

けっして馬鹿にしてるとかではないんですね。

 

「可笑しい」「狂ってる」さまざまなレッテルを両親はわたしに

貼ってきましたが晩年父がうつ病を発症した時に

「お前と俺は似てたんだな」とぽつりと言われ

わたしの樹氷は溶け始めました。

 

存命の母が何かにつけて「A病院」を連呼するのが嫌なのですが、

女として母として報われてこなかった過去のボリュームが大きかったのだろうな、

乳がんにも罹ったし。

わたしの女性性が「許してやったらどうや↑」と辻本茂雄さんのように言うので

樹氷を生やしている場合ではないな…と思うのでした。

 

せめて晴天の雪原にしよう。

夢で空高く飛んだことがあるのでした。

どこまでも青く綺麗な光景でした。