苺のダイエット日記。

現在・49,1kg これ以上は減らないと思い始めてる。

体勢。

A病院の体勢は穴だらけになったように思う。

無理をさせない、時間で縛らない。

その代わりに実にゆるゆるでしまりなくなったように思う。

お風呂の時間のすぐあとにSSTの授業があるとか、

風呂を手早くすませたわりには「確認してきます」と職員が

こちらの行く手を阻み、出席が遅れてしまったり、

おやつ買い物が病棟の体操の時間と被っているため、

一度いけなかったことがあった。

詰め所に何か質問すると「確認してきます」と明快な答えがすぐ来ない。

計画や時間の組み立てが甘く緩い印象がした。

北のトップ(男性のボス的存在につけたニックネーム)さんは

「△△さんじゃないよ!俺は○○先生が何時何分に病棟に来るかどうか

聞いているんだ」業を煮やしたふうに大声で聞いていた。

確かに、そこに一理あると思った。先生の回診は遅れるのだ。

気分で来ているかのように突然いらっしゃる。

神出鬼没のA先生。思わず「出た!」と腰を抜かすアクションで

迎えようか、と思ったくらいで。幽霊じゃないんだから。ねえ。

A先生が書いたわたしの入院指導の用紙に「レントケン」と

書いてあった。ボールペンがあったらちょんちょんと書き足して

「レントゲン」にしてさしあげたかった。

患者を縛り付けない、イケメン風看護師さん、喫茶店ウェイトレス風の

看護婦さん。いいんだろうか、そんなで。

昭和の頃から互いをよく知っているO看護婦さんも

平成バージョンの病棟を受け入れてこられただろう。

患者をよく動かして退院へ導く、そんなのは古いんだろうか。

「(上のほうへ)確認してきます」で一旦雲隠れ。

答えを待っていたら一日仕事になる、っちゅーねん。