苺のダイエット日記。

現在・49,1kg 停滞という名の維持??よかよか★

退院間際の気づき。

入院生活では何でも並んで順番を待つ。

飼いならされた羊のように静かに。

看護婦さん、看護師さんの言うことを素直に聞き、

規則正しい生活をし退院していくのだ。

わたしは入院前の荒れた心情から落ち着いていったのを思う。

面会に来てくれた彼も同じことを考えた筈だ。

退院間近のなめらかな心模様。

鍵を渡されてロッカーを開け閉めし薬の管理をした。

そこで思うのだ。入院前は薬の管理も彼まかせだった、と。

待てよ、彼まかせとは「何もかも」ではなかったか。

ゆったりと眠りから覚めるように自覚していく。

これから東京へ帰り、新しい生活を始めるのだ。

彼はアラフィフの再就職をしわたしはそのお手伝いをする。

春、3月。希望は具体的になる。助力となって彼を支えるのだ。

さあ、今こそ、内部が立ち上がる。立ち上がって支えて彼の支援に回るのだ。