読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苺のダイエット日記。

現在12キロ減♡

ハイヤーセルフのはからい。

スピな考え

ハイヤーセルフのはからい」

我が家で二人とも得意の台詞だ。

自我と対極の真我という意味で使っている。

彼の言葉は真水で出来ていて裏も表もないさらさらの水だ。

子どもたちはポジティブに生きようなどと考えずに

天然水のようにきらきら遊ぶのだ。

あの時代は何にでも成れる気がしていた。

大人は喧嘩なんてしないものだと思っていた。

幼稚園のスモックに綺麗な折り紙を付けてもらって

発表会でダンスを男の子としていた写真があった。

一緒に踊った「かつひさくん」は現在どうしているのだろうか。

記憶は写真のように立ち上る。

何故か、と問われても困る。思い出すのに理屈はない。

「苺が僕と結婚してくれて嬉しい」夫が感に堪えぬ様子で言う。

だってわたしがあなたと一緒になりたかったんんだもの。

去年はごめんなさい。沢山心配をかけました。

苺はまだまだあなたの許で生きたいです。

ハイヤーセルフ同士で話し合ってきたじゃありませんか。

それはもう綿密に、遠く離れていても同じ一度っきりのギャグで

笑ったじゃないですか。そしてずっと覚えて噛み締めてきたじゃないですか。

ハイヤーセルフのはからいです。運命的な個タクに乗ったのも

そうですよ、同じはからいです。ハイヤーセルフは悪戯好きですね。

茶目っけがあってあかるくて。「苺の精神が好きだよ」と言いましたね。

ありがとう。わたしはあなたの真面目さと頭脳と言語感覚がだいすきです。