苺のダイエット日記。

目標・健康長寿!

Kさんとの出会い。

Kさんはとても腰の低いかただった。

「はじめまして。Kと申します、宜しくお願いいたします」を

フロアの全員に伝えて挨拶をしていた。

第二病棟にKさんが訪れたのはクリスマスイブの日だった。

状況が変わって家のひとにも連絡したくなったのだろう。

しきりに電話をかけて「どうしよう、誰も出ないよ」と

ちびまる子ちゃんの胃腸の悪い子みたいな顔つきで

(だんだんそんなふうに見えてくる)心配するのだった。

「今日はクリスマスイブだよ。お家のひとはどこか買い物にでも

行っているのかもしれないよ」「いや、誰か居る筈だ」

Kさんは譲らない。いつもの平日だったらそうかもしれない。

何回めかのやりとりで○時にKさんは自室に戻るよう言い渡されていた。

○時からKさんの自室は鍵がかかるのだ。

○時が近づいている。焦りが最高潮になったKさんは

やっと耳の穴がこちらに向かって開いたようだった。

「イブの日に家族皆で食事かもしれないな。

チクショー、粋なことしやがって」

急に言葉が乱れてますが息子を病院へ託したご家族は

ほっとしてお出かけしているのかもしれないし、わからないよねぇ。

わたしは苦笑しながら昼食に付いてたクリスマスツリー型の可愛い紙を

(「皆様の一日も早い回復をお祈りしています」のメッセージ付き)

手の中でつつみながら、

「今日はイブなんだよ」と繰り返した。

やっと落ち着いたKさん。お家への連絡は明日ゆっくりとね。

今日はありがとう、いっぱい話せてこちらも助かった。

マンハッタンラブストーリー」が詳しい説明抜きで通じたのも

嬉しかったし、嵐のマツジュンを本当のファンなら「じゅんくーん」と

声をかけるのが望ましいという話を「それを知っている観音崎さんは

相当凄いね」いやーそれほどでも。

などなど四方山話を短い時間でやりとりできたねぇ。

わかる、わたしもこだわると不安が強くなって

周囲の声がただの気休めにしか思えなくなる性質だから。

 

じゃあ、また明日。バイバイ。