苺のダイエット日記。

目標・健康長寿!

おだしと味噌。

お出汁と味噌でこんにゃくを炊いている。

タイマーが鳴るまで落し蓋をして。

嬉しそうに書いているが具体的なことも書きたいのだ。

上手く炊けるといいな。

彼の喜ぶ顔が見たい。

はい、タイマー鳴りました。消火確認。

後は自然に冷まして味を染み込ませていくだけ。

簡単っちゃー簡単料理なんである。

こんにゃくは切れてあったし味付けして炊くだけ。

「火で遊ばないように」

父からの躾でわたしは火が怖くなってしまった。

わたしは八百屋お七伝説の丙午うまれである。

父はどれだけそのことを意識していたんだろうか。

生前にインタビューしておくんだった。

ガスを使っただけでも緊張感に襲われる。

料理中たとえば脅かされても吃驚してキャッと飛びあがるだろう。

というくらい怖いのだ。料理とか、火とかが。

お父さん、ありがとう。あなたの教育は

わたしの中で立派に活きていますよ。

教員の仕事で報われない想いをして家で母に向かって

愚痴を言っていたのを思いだします。

わたしはあなたが酔って興が乗ったときに話す相対性理論

分水嶺の話が好きでした。

火はしっかり消えました。今、確認しました。