葛藤のバトンにならぬように、

昭和をA病院で生き抜いたわたしは、

平成の体制が生ぬるくて生ぬるくてもどかしかった。

たとえばお風呂の入り方。

湯船で体を洗ってはいけません、的なことを

現在は言ってはいけないみたいになっていた。

オーノー!

わたしはA病院のお風呂の最初の最初にきちんと指導されましたけれど。

Bちゃんにはそのへんのやりとりが不可能にしろ、

一応はひととおり説明があってもいいと感じた。

彼女は素直だから良いことはじゅうぶん沁みこむし。

 

言ってもわからない子とはいえ、洗面所の鏡を黙々と笑顔で

拭いていたBちゃん。出来るんだよね。ちゃんとした躾があれば。

きっと毎日面会にいらっしゃるお母様の見よう見まねで

Bちゃんは素直に天真爛漫に行動していたんだよね。

 

湯船で爪をせせっちゃいけないよ、って言いたかった。

 

そのかわりお湯をはじいて彼女の手に当たるように

「スプラッシュ!」ってするのが精一杯だったなぁ。

ぽかーんとしているBちゃん。

わたしが上の世代に指導されて今があって下の世代にも

同じように指導する、というわけではない。  

そんなの葛藤のバトンだ。

そのバトンはわたしがアンカーになってゴールテープを切って終わり。

Bちゃんは人魚姫みたいなスタイルだった。

色白ではちきれそうに若い。とってもまぶしかったよ。