苺のダイエット日記。

目標・健康長寿!

ままならない。

着替えも一人ではままならない現実。

一回、一回彼=夫に助けられている。

老老介護みたいだね」そんな暮らしの中で彼は学ぶものがあるそうだ。

彼はタクシードライバーなのだが社会的弱者がいかに申し訳なさそうに

暮らしているのかがよく見えるらしいのだ。

車椅子のお客様は乗車を断られることも多いらしい。

運転手がサービスを出し惜しみしているのを目の当たりにして彼は

やるせない気持ちになる。「なにかお手伝いできることはありますか?」

の言葉も無理強いのニュアンスではだめだそうだ。

基本、お客様は自分のことは自分でしたいものだから

そういった気持ちを最優先にしなければいけないものだそうだ。

ところで、着替えもままならないわたしだってパジャマの下を

スカートの下によーやらさっと履けたら達成感がある。

「ひとりで出来た!」喜びでいっぱいだ。

どちらかというと左足が重い。それを工夫しながらパジャマのズボンに通していく。

お薬の影響から薄皮を剥ぐように解放されていく日々である。