苺のダイエット日記。

現在・48,9kg ダイエットは生涯続けます。

存在の耐えられないいけなさ。

共振動していた男の子がいた。

ほら、見ている。物欲しそうに。ほら、また。

見ないで。断ったりしたら気持ちを傷つけたら何をされるかわからない。

彼はわたしの手紙によく登場するストーカーくんを

「それでも苺は共振動してるんだよ」と評した。

ストーカーくんにあるもの・わたしにあるものが振動しているだけなんだ、って。

あるときストーカーくんの声を聞いた。そのひとは開放病棟にいて

わたしは閉鎖病棟だ。いつも迷惑してるのはガラス越しの執拗な視線。

普段声を聞く機会はない。それがお腹に力の入っていない甘え声だった。

彼と共有できる思い出に「ポピーの花摘みを行います~…」の葛西臨海公園での

なんとも力ないアナウンスがある。あれにそっくりだ。

わたしは何か?ストーカーくんに期待していた節があったのか?

共振動と表した彼をうらめしく思ったことも氷解した。

存在の耐えられないいけなさ。

それはわたし自身だ。

 

世界は鏡。壊しにかかりたいものが映っても壊せない。

壊しにかかると心の病気になるようですよ。