苺の存在に感謝。

彼は言葉を正確に使う。

「苺の存在に感謝している」

これに返事をすると

「あなたの有りように感謝してます」になる。

わたし、稚拙ですから。

 

季節が進んでいく。

一番いい時に退院できたのを嬉しく思う。

春が過ぎて初夏を経て、夏。

いいことこれからいっぱいだもんね。

そんな気がしてる、いちにちのはじまり。