苺のダイエット日記。

目標・健康長寿!

入院を防ぐ、「自分になる」方法。

退院するときの自分はブレていないと思う。

自分が自分になれている、と感じる。

 

薬が効いてきたおかげかもしれない。

ゆっくり身体が休まったおかげかもしれない。

いろいろな「かもしれない」で自分が自分になったんだ。

世間へ一歩が踏み出せるドアが開いた。

 

中立で安定している自分。

自分で出来ることを進んでやり、笑顔になれた。

 

わたしは浅い人間でとても社会には通用しない甘ちゃんではある。

それでも「今できることを精一杯やる」と決めてから入院歴はおさまったと思う。

実際に手を動かしながら考える。だんだんあかるい思考をする時間が増えていった。

だいたい世間は冷たくあたってくるものだ。きっちり普段から自分を立てて

守らないとぺしゃんこにされてしまう。そういうものだと理解が進み

世の中からたやすく冷やされまい、とあかるさをせっせと備えていった。

 

感情的になるのも悪いことではない。ただいつまでも振り回されなければ、だ。

切り替えのポイントはやってくる。怒りがおさまる折り返し地点がやってくる。

 

「自分になる」。結構、疎かにはできないことかも。

 

あの中立な感じを退院時に欠片でも持っていたのだから、大丈夫だよ。ねえ。