苺のダイエット日記。

目標・健康長寿!

自分に礼儀正しく。

1度めの入院中は周りの年上の患者たち(年上しかいなかった)に

こぎたない16歳という扱いだったので孤独感は相当なものだった。

入院前は「死にたい」とはっきり考えていたので

運命は「それなら」とばかりにこういう世界もあるよ、と

私に見せてくれてたのだと思う。

 

自分の感じたとおりに(またはそれ以上に)世界が提示するものが変わる。

こちらが素晴らしいと思えばそうなるし糞だと思えば1流のそれが登場する。

宇宙に他意はないと思う。本当に「そのまんま主義」なだけだ。

 

すごく強く願って想像してそれを一度忘れていて

あてになんてちっともしていなくて

アクセスした先で夫(当時は彼)が私を

すっぽりつつむだけのスペースを空けていた。

 

人生の岐路になるとは想像外だった。

1度めの入院もそうだったし夫との出会いも然り。

自分を持っていたかどうかで展開のトーンはがらりと変わるけれどね。

 

いずれにせよ自分を疎かにはできないし

きっちり書けば自分に礼儀正しくするのが絶対な気がする。

運命の芽吹きがその後の私を呼吸しやすくさせるためにも。