何も心配要らない、あなたは大丈夫。

初めて親元を離れて4ヶ月、一時的にも暮らした場所が精神科の閉鎖病棟

16歳の経験としては珍しく得がたいものだったと思います。

 

運命はバランスをとっています。

それまで勝手気ままに過ごしていた我の強い私が

あっという間にぺちゃんこになりましたから。

 

納得のいかない副作用とおなじ病室の大人たち。

その場所のルール。規則。重いドアの前を徘徊する患者仲間。

あの頃の病棟のあかるさと暗さをまるごと覚えています。

ただただ家に帰りたかった。ただただ自分の部屋に戻りたかった。

 

あの頃の自分に今の自分を伝えてあげたい。

何にも心配要らないよ、とだけ。

あのときの自分を抱きしめる手がここにあったこと。