苺のダイエット日記。

現在・48,9kg ダイエットは生涯続けます。

重いドアが開く。

退院が決まると心は静まる。

天候のいい日が増えてくるように感じる。

心が精妙な世界へ移動したんだろう。

 

入院から退院まで心がゆくトンネル。 

入り口では「なぜこんなところに」と内が叫ぶ。。

「なぜこんな人たちの中に」それにしたって自分だって同じ病院に居るのだ。

 

出口。退院時には医師、看護師、患者たちはさほど意味を持たない。

希望は明日を向く。今までの感謝を述べて重いドアをようやく出て行く。

 

社会のレンジにおさまるように薬で調整した身体。

 

私たちの経験はそれぞれの場合がありあまりに多様なので

個人的に参考にならないという意見も聞くが

文章にして声を上げはじめたそのことに意義はあると感じている。

何にせよドアが開くのは大きいことなのだ。