苺のダイエット日記。

目標・健康長寿!

大人で変わる、見えてくるもの。

アカシジアも書痙も性欲減退もその他諸々の不具合を訴えても

「(お薬をのんでいるのだから)それぐらいは我慢してくださいね」のような

文脈の答えが多かったな。答えがあるぶんまだよかったとも言える。

藤臣柊子さんの精神病にまつわるコミックエッセイを読むと

診察時に自分の状態を告げて柊子さんから「デパスをください」と

薬を指定・リクエストしドクターが「はい」と処方する東京には

柔軟な対応があるのだな… 地方にいたわたしには夢のような気がしたな。

 

それも患者本人の資質がどれくらい大人であるか、というのでも

きっと変わってくるのだろう。

精神的に大人だと周囲の対応も大人の対応にもなるように。

自分から変わる、つられて世界も変わる。

よく磨かれた鏡に映るようにきっと正確なんだろう。

 

昨日のデイケアからの帰り道、

「今を受け容れて完了・または物事が進む」という言葉が

身体じゅうを駆け巡った。進ませたい案件がある。

微笑みを浮かべて受け取りにいこう。