精神的な壁・ひらりと飛んで虹。

やはり心のことを書こうと思い直し。

所感

「ウチの素顔だ!」ばーちゃんが言う。恥ずかしかった。

実家にて。社交的なわたしのお祖母ちゃんは いきなり友人を連れてきては孫がくつろいでるのもお構いなしに 「ものっそい」散らかってる部屋へ通して、 「これがウチの素顔だ!」と言い放った。 孫娘たちは散り散りばらばら。「行かねんで、行かねんで!」 (…

切り離すイメージで、手放した。

母とわたしは女同士だが人格が違う人間だ。 いつもフラッシュバックする苦い思い出は完全に許した上で切り離そう。 そもそもが違うのだった。 考え方も生きる意義も、見事に違う。話す語彙も果てしなく違う。 丈夫に産んでもらった恩義はあるが、歩く道すじ…