苺のダイエット日記。

現在・49,1kg これ以上は減らないと思い始めてる。

アカシジアについて。

生活のうすのろを退治せよ。いい子いい子、と念じてね。

この前のトクホの特茶を飲んだ翌日に体脂肪が1%減っていました。 飲み物としては相性がいいらしいです。 長期的に見て身体にいいかは別にして。 なので毎日特茶ばかりは飲まないことにします。 ペットボトル、でかいし。 ダイエットは49,5kgを見たのでひ…

こめかみから、汗。

15分ほどのウォーキングから帰ってまいりました。 気候がだいぶいいですね。 大袈裟な上着が要らなくて、軽装でオッケーですもの。 マンションを出てすぐの幼稚園の朝の出席風景を横目に公園へいきます。 ちっちゃい子は可愛いですね。葛藤がなくて。 あの無…

*..。+゜¨☆*..。+゜¨☆*..。 不定愁訴(ふていしゅうそ)とは、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指す。患者から…

狂騒の日々。

奥病棟から前病棟へ上がってきたKさんは 「あのう…うるさいんですけど」と隣の部屋からわざわざこちらに来て ぽつりと語った。 看護婦さんと眠れないわたしは口論をハッと止めて 静寂を取り戻した。 お隣の部屋は難しいかたなんだ…とわたしは誤解し、 両脇の…

実家へハガキが書けました。

お薬をのまなくちゃならない日々。 なんだか変な副作用は出るし母は祈るようにお薬をのませるし 高校を辞めたばかりの17歳はどこにも行けなかった。 死への憧れはつのってリストカットを試みるが、 「A病院だ」父が言う。 アカシジアの薬を処方していた医師…

アカシジア、文章化。

いがいがする、そわそわする、気持ちが悪い。 アカシジアを文章化するのは記憶の再現だから気色悪い。 ひとりの女医は「足がむずむずするのよね?」いいえー。全然。 そうあって欲しいように質問・誘導はおやめくださいな。 むずむずするのは心臓に近いとこ…

書痙?

字が小さくなるのも書痙のうちだろうか。 アカシジアによる副作用だろうか。 一番いいのが主治医に書き文字を実際に見てもらうのではっきりするだろう。 普通に生活するぶんには何も支障はないが、 いざ働くとなったらこの書き文字はダメだろう。 蚊か蟻んこ…

書き文字、大小。

アカシジアを両親に訴えたことがある。 父は「気圧のためじゃないだろうか」 母「薬を変えてもらったら~」 父の意見は的外れだし、母の意見は当時のA病院の医師の誰にも 聞いてもらえない願いだった。 ランダムに身体がふるえ、書き文字は常に乱れていた。 …

後の祭り。

アカシジアを極力出さないように処方してくださった医師がいた。 思わず涙をこぼすほど嬉しかったのだが、わたしには 退院後に通院する元気はなかった。 馬鹿だったなぁと後悔するが後の祭りだった。 故郷を離れるまでの10数年以上をアカシジアに悩まされな…

破滅行動の裏側。

破滅行動の裏側にはやはりアカシジアがあり、お薬を拒否する という自殺行為につながる。 身体がランダムに震え制御できない。 気持ちの悪い虫が巣食っているようだった。 そのような昔のお薬を今の主治医は「クラシック」と説明する。 同じロドピンでも現代…

血圧のお薬を飲むまで。

アカシジアがはっきり出たのは16歳の頃。 まだほんの子供で初めて親元離れた入院生活で何のどんなお薬を 飲んでいるのかもわからない30年ほど前の話である。 お薬手帳もないすべては闇の中でとり行われているような気さえした。 医者は古いタイプの口が重い…

アカシジアは時間が解決してくれた。 30年はかかったが。 医師の言う「少ない量だから」いんや、少なくとも出るものは出る。 嫌な感じに身体が震え歩きつづけていないと解消しない。 書き文字は左手で書いたようなでっかい文字だった。 初めての退院後、同じ…

クラシックと現代版。

ロドピンのクラシックには大打撃を受け、高校中退など人生が曲がってしまった。 現代版には小刻みに震え、姿勢が前のめりになる感じだ。 書く文字もかなり小さくなってしまう。 これらもアカシジアに加えていいんだろうか、わからない。 大学、行きたかった…

ロドピン。

ジェネリックではなく正式名称にしたらまさかのロドピン。 平成版アカシジアは四肢のこわばりときたもんだ。 いずれにしても弊害・薬害と感じる。 医師たちは揃って「少量だから」と弁明するがたまったものじゃない。 人生メニューに病を選んだとはいえ、苦…

考えてもしょうがないアカシジア。

ロドピンからアカシジアが出やすいというのはなんとなくこの何十年かで判ってきたが A病院で入院の歴代担当医がロドピンを出し続けてきたのは何故なんだろう。 「この服用量ではありえない」と言いきった医師たちはなんで? 私の感じてきた気持ち悪さがただ…

アカシジアに重たく残るやりきれなさ。

アカシジアが楽、ってことは無いよねえ… 精神病を抑える薬から出る副作用だから厳密に言えば病気ではない。 でもやっぱり苦しいんだ。 家の修理系の訪問者を待つあいだにアカシジアが出たことがある。 憂鬱さと緊張から引き起こされたんだと後から回想した。…

震え体質。

書類を書き込む作業をした。 アカシジアの影響下にあるような手の震えを書き込みながら感じていた。 判子を押すのにも手の動きが自然ではない感覚がした。 アカシジアというより自分の元々の不器用さから来ているのかもしれないが。 私の感じてきたアカシジ…

長期間、精神薬をのむ、ということ。

真の意味でおかしくなっている時は自分でも誰にも止められない。 一つの考えに囚われその考えのために誰も協力・賛同してくれないと 真っ赤になって怒っている。その強いエネルギーのためにろくに眠らなくなる。 近くに居るひとを寝かさなくなる、まるでゾン…

私の体験したアカシジア。

私の感じてきたアカシジアは不快感がずっとつきまとった中で 身体が妙な感じに震え全く座れなくなり家中を徘徊せざるをえない状態でした。 出てからおさまるまで時間は計ったことがないのでわかりません。 酷い不快感のためにただ辛く長く感じられました。 …

アカシジアと闘った道。

A病院に通い続け30歳を過ぎた頃、10何度目かの入院をし その時の薬もはっきりとアカシジアを出したので 退院した後の私はその不具合を通院で訴えた。 入院時と同じ担当医は「それでは抑える薬を出します」 私は薬の全取替えを希望していた。 抑える薬など服…

精神薬こもごも。

初の入院で薬の副作用のアカシジアが出た。 その入院の結果は「悪化」と記されていたカルテを後年に偶然目にした。 2度目の入院時のことを書こうと思う。 一度目と担当医は同じ。名称は伝えられていない時代だったので 何という薬かわからないがまったく別の…

当時のアカシジア。

自分が徹底的に無いことにされる経験(初入院・アカシジア)は 必然だったのだろう。ひとを尊重することを大きく学ぼうと 生まれる前に自分で組んだカリキュラムだったのだろう。 スピをかじってこんなふうに持論を何度も展開するのは それらの考えが一番腑…

はてな人生に深謝。

ブログというものに慣れ親しんで10年近く経つ。 さまざまなブログを試したり引っ越したり消したりブログ道も楽しんできた。 はてなは多彩に使えてとりわけ優れた面白いシステムだと感じる。 これまで一つのブログに一日に幾つもエントリーを書いたりしていた…

アカシジアを受け容れなくともいい箱の中へしまった。

たった今、アカシジアを「受け容れなくていい箱」の中へ入れた。 受け容れようとするから苦しくなる。私は僅かの違和感にもこらえ性がないのだ。 30年前の一番最初の入院でアカシジアに襲われたのも生涯の意味があるのだろう。 後年、薬の副作用について調べ…

何をどうすることも出来なかった頃の私。

B病院での入院生活では一回11錠のお薬が1日3回、他に入眠剤も幾つか、 今から25年ほども前のことだからお薬手帳も無い頃だ。 つまり手元にデータがない。名称もまったく判らない薬を出され いちにち30錠以上の投薬・入院生活では感覚の鈍磨がそれはそれは深…

花のベッドでひるねして よしもとばなな

16歳での初入院の筆舌に尽くしがたい制限生活を思う。 あれから30年の現在の幸福を数えたら夢を見ているようだ。 夢からさめたようだ。アカシジアと書痙で当時ノートに文章を綴る小さな趣味 (しかしだいじな趣味)も完全に塞がれ閉ざされた。 あの頃の私は…

人生の意味が氷解した。

「でもあの時あんな目に遭ったのに」 大人の顔に滲む暗さの一大テーマはそれだろう。 私で言えばアカシジアを善処してもらえなかった30年間が相当する。 2年ほど前に善処してもらえた(ロドピンからその新薬ジプレキサ)になった今も 胸はジクジクしてとまら…

一日一回の少量の薬がきまるまでの歩み。

故郷の精神科(結構な大病院)に入院・通院しての所感からまず初めに。 20年近く通っていて「君はもう薬をのまなくていいよ」と仰ったドクターは1名。 他にも何人かの医者にかかった。全員が「一度こちらが出した薬は変更せず 生涯服用していただきますよ」と…

時を待つだけ。でも声は上げてくよ。

思い出してきた。アカシジアが出たときに症状を抑える薬として アキネトンとピレチアをのんでいるときには ジスキネジアも出たんだった。あれは副作用がさらに広がっていたのか… ジスキネジアとしては首や喉のあたりがおかしな感じに突っ張って 違和感がしば…

ありえない、といわないで。

苦しさを訴え続けても医者たちは口を揃えて 「この量の薬でその副作用はありえない」 とスルーされてきた私のアカシジアとは一体何だったのだろう。 今それを掘り下げてもしょうがなさすぎるのだけれど アカシジアにまみれた日々は私を解放してくれない。 と…